岐阜で転職を考えるには

岐阜県は産業の中心が明確ではなく、県庁所在地の駅前産業が繊維業ですでに繊維が国内でのコストが合わず、海外生産にシフトチェンジしていることで、駅前産業も下火となっており、駅裏は日本屈指の風俗街で中部地方最大で、交通アクセスの悪さから産業が育たず、織田信長の時代から歴史と文化のみが代表となる街です。

県内を大きく支える都市に人口密度県内2位の大垣市があり、大垣市に本社を置くセイノーホールディングスは、貨物自動車運送事業、貨物利用運送事業、倉庫業、航空運送代理店業、通関業、国際複合一貫輸送事業、旅行業、自動車販売業、大型自動車製造業、情報サービス業の多くの企業を子会社化し、同業他社と広くM&Aを成功させ、県内の多くの雇用を生み出しています。

連結総売上高5200億円と県内トップの規模で、全従業員数は1万2000人を超えています。

これからの就職や転職を考える場合に、セイノーホールディングスの関連企業がもっとも安定性が高いと言えます。